コーチングや自分で考えるということも必要だとは思うけど

人の上に立って、全体の指揮をしたり、何かを教えるような立場というのは、本当に難しいなと思います。
私もそういう立場に立つこともありますが、まだ上に上席がいるという安心感はあります。
それに、そういう立場になること自体がそれほど多いわけではなく、どちらかと言うと一兵卒という感じのことが多いです。
でも、ときどき上司からの指示の真意が汲めないときというのがあります。
それは私に対して言っていることもあるのだが、上司から私の先輩に対しての指示においてもそうです。
上司は、直接的に「あれをしろ」「これをしろ」という言い方ではなく、「ここが問題なので直して欲しい」というような言い方をすることが多いんですよね。
ただ、その指摘するポイントというのが、けっこうピンポイントで、全体像としてこうして欲しいというビジョンを伝えることがありません。
トレーニングではなく、コーチングとして、私たちが物事を考えるように指示を与えるというのも、大切なことなのかもしれません。
でも、あまりにも漠然としすぎていると、何が言いたいのか分からないという不信感さえ湧いてしまいます。キレイモ 学割 一括