大きくなってもカバーオールの服は重宝する

カバーオールは赤ちゃんのイメージがありますよね。私もそんなイメージがありました。なので、大きくなったらセパレートでしょと勝手に思い込んでいました。長男が1才過ぎた頃から、下着もロンパースではなくタンクトップ、パジャマもセパレートに変更しました。特に問題ないだろうと思っていたら冬に思いがけない出来事がありました。わが子が布団に寝ないんです。いくら夜中起きてお布団に入れるけれどまた布団から飛び出して遠くに言ってしまうのです。その時いつもお腹がはだけて丸見えでした。スリーパーで対応すればいいかなと思いスリーパーで一時期対応していたのですがどうもスリーパーの中でもはだけているようで、お腹を壊していました。腹巻も買って対応していましたが着せる手間が増えてしまいました。どうにかならないか考えていたとき、ネットでキッズ向けのカバーオールパジャマを発見したのです。早速購入して着せてみたところ、着せやすく、なおかつお腹がはだけないのが感動してしまいました。どんなに動いてもはだけず、スリーパーを着せれば最強です。そこから学んだことは、夜のパジャマは大きくなってもカバーオールは使えるなと言うことでした。それからは2番目の子も同じようにパジャマはカバーオールとスリーパーで対応しています。http://thecw.co/datsumolabo-tenpo/datsumolabo-umeda.html