絶対知っておくべき!!津波が来た時の対処法!!

2011年3月11日。

この日の出来事は忘れることはできません。

あの、東日本大震災が起きた日です。

地震の震度もそうですが、一番怖かったのは津波です。

あの時の津波の破壊力と言ったら、想像を絶するものでした。

特に岩手、宮城、福島の沿岸部は壊滅的な被害を受けたことは皆さんもご存知かと思います。

日本は海洋国家です。海に面している地域が多いため、津波の発生する可能性は十分考えられます。

万が一、住んでいる町が津波に襲われた時のことも考えて、津波が来た時の正しい対処法を知っておきましょう。

津波が来たら『遠くへ』逃げろ!と言われてきましたが、これは間違いです。

正解は『高いところへ』逃げろ!です。

この時注意しなければいけないのが、津波の被害をダイレクトに受けてしまうような場所は避けることです。

津波をダイレクトに受けない、奥側の『高いところへ』逃げる。

これが正しい対処法です。

そして東日本大震災では、車で逃げようとして津波にのまれたという被害が相次いでいました。

逃げる際は『走って逃げる』ということも頭に入れておいた方が良いかもしれません。